; 産後の肌荒れとニキビを解消【にきびナビ】

産後に肌荒れやニキビができる原因は?

妊娠中は、エストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンの分泌が盛んになり、プロゲステロンに皮脂の分泌を促進する作用があるため、妊娠初期にニキビができやすくなります。 産後は、これらの女性ホルモンが急激に減少することによりホルモンのバランスが大きく変化し、体調や気分の変調をきたします。 これも肌荒れやニキビの原因です。

産後は赤ちゃんとの生活が始まり、授乳や夜泣き、おむつ替えなどで睡眠不足となり、食生活も乱れます。 疲労やストレスも加わり、体調が悪くなります。 胃腸の働きが低下することで便秘になり、老廃物を排出できないことからニキビが出ます。 さらに、食生活の乱れから、栄養が偏ったり、栄養不足となったり、とホルモンバランスも乱れ、肌荒れやニキビの原因となります。

母乳の場合は、授乳によって栄養も奪われ、お肌まで充分な栄養が行き渡らないということもあります。 整理が戻っている場合には、鉄分が不足し、貧血になる可能性もあります。 これらの影響から、お肌の新陳代謝も低下し、古い角質がお肌の表面に残り、肌荒れやニキビの原因となります。

産後の肌荒れをケアするには

産後の敏感になっているお肌には、水分補給と保湿性の高い刺激の少ない化粧品を選びましょう。 クレンジングフォームは短時間でさっと洗い、洗顔は泡で優しく撫でるように洗い、擦ったり刺激を与えることは避けましょう。 セラミドなどの高保湿成分を含んだ化粧水で水分補給し、乳液や美容液を手で温めながら、包み込むように馴染ませます。

また、生活習慣を見直すことも大切です。 赤ちゃんの世話で疎かになりがちの食事は重要です。 栄養バランスの取れた食事で、ホルモンバランスも新陳代謝も改善できます。 酵素を多く含んだ和食がおすすめです。 タンパク質やビタミンB2・B6・カルシウム・食物繊維などを多く含んだ食品を摂りましょう。 乳製品や牛乳、タマゴ、大豆、イワシ、ゴボウなど積極的に取りましょう。 外食や油の多いジャンクフードなどは避けましょう。

赤ちゃんが寝ている間に家事をしようと頑張ってしまいがちですが、時には赤ちゃんの側で一緒に寝ましょう。 睡眠不足や育児でたまったストレスも肌荒れの大きな原因です。 旦那様にも協力してもらい、リラックスすることも大切です。

産後の肌荒れやニキビ解消に良い化粧品とは

産後の敏感になっているお肌には、低刺激で保湿性の高い化粧品を選びます。 クレンジングは、シート・オイルタイプは刺激になるので避け、1分程度でさっと洗い流しましょう。 洗顔は、肌に優しい無添加のものを選び、1日2回、たっぷりの泡で優しく撫でるように洗い、すすぎ残しのないようにしっかり流します。 決して手で強く洗わないようにしましょう。 かえって刺激になります。

化粧水は、高保湿成分セラミドを配合したものを選び、手で温めながら優しく押し当てるように肌に染み込ませます。 目元や口元などの乾燥しやすい部分は、重ねづけします。 乳液や美容液もセラミドやコラーゲン、ヒアルロン酸などの保湿成分を配合したものを選び、手で温めながら包み込むように馴染ませます。

また、紫外線は肌にダメージを与えますので、外出時に限らず、UVケアをすることが大切です。 化粧水で水分を補給し、保湿性の高い乳液や美容液で包み込むことが大切ですが、短時間でできる便利なオールインワンの化粧品もありますので、成分を確認して使用してください。 香料やアルコール、着色料、ビタミンC誘導体を含むものは刺激や乾燥の原因にもなりますので気を付けましょう。 ニキビを治す化粧品 大人ニキビ化粧品 大人ニキビにおすすめのコスメ

更新履歴